2-11

[映画と音楽]パラサイト(半地下の家族)

ポン・ジュノ監督の最新作

私の好きな映画監督の一人であるポン・ジュノ監督の最新作を観てきました。私は「殺人の追憶」や「グエムル」「母なる証明」が好きです。ちなみに今回のパラサイトはカンヌ映画祭でパルムドール、アカデミー賞で作品賞、監督賞、国際映画賞、脚本賞を受賞しました。

あらすじ

半地下で家族と貧乏生活をするウシク。大学受験に落ち続けるが、予備校に行くお金もない。そんなある日、友人からお金持ちの家の家庭教師の話を持ちかけられる。そこからウシクと家族に変化が訪れる。

観終わった感想

正直、観終わった後がっかりしました。私の好きなポン・ジュノはもっとがっつり心をエグッてくる事が多いからです。正直、賞を取りに行ったのかなぁと思いました。でも、時間が経つごとにジワジワと「ある事」が気になり始めました(ネタバレするから言いません)。そして、ジワジワとその「ある事」がとても大きな事なのかもしれないと思いました。

本当の隔たりは何なのか?

この映画は貧富の差を描いていますが、本当に人を隔てているモノは何なのか?それは本当に貧富の差なのでしょうか???「ある事」に気付いた時に、ポン・ジュノの凄さに鳥肌が立ちました。やっぱり心をエグッてくるね〜〜〜。(これはあくまで私の見解ですが)

最後に

芸術を磨くという事は、人間を知る事だと私は考えています。良い映画には監督のメッセージが沢山詰まっています。そのメッセージを自分なりに受け取り、解釈する事で沢山の事が学べます。是非、皆さんも良い映画に沢山触れてみて下さいね!

Contact Us

レッスンメニュー

MTP MUSICのレッスンメニューはこちら

トップへ戻る